• LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

NEWS & TOPICS

直径42cmのケヤキをマキ割る

国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

最近、マキ割りの日々を過ごしています。

朝、早起きして。帰宅してから暗くなるまで。

マキ割りをしていると、木の硬さ、重さ、繊維の絡み方、割りやすさ、

香り、色のパターンなどなど、材としての木の個性がとてもよくわかります。

ぱっかーーん、ときれいに割れる木もあれば、

繊維が絡まって粘り強い木もあります。

節のまわりなど、部位によってはゴムをたたいたように

ぼよよ~んと斧が跳ね返されこともあります。

樹木を眺めるだけではうかがい知れない側面に触れるのが

たまらなく楽しいこのごろ。

たとえばこのケヤキ。

大きいサイズで玉切りしたせいもありますが、割るのが大変でした。
国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

威力抜群の「ねじりくさび」を打ち込むと..
国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

根元まで打ち込んでも割れません。

他の玉だったらばかばか割れるのに..
国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

さらにハンマー型の斧を投入。
国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

それでも割れず、上下ひっくり返してねじりくさびを

打ち込んだところ..
国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

ようやくぱっかり割れました。
国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

マキストーブの導入なるか?

まきは足りるのか?

マキ割り、いつまでかかるのか?

..乞うご期待

HPリンクアドレス

i-nacHP パソコンはこちらから

i-nacHP モバイルはこちらから

野外教育学科 

野外教育コース

野外教育コースはこちらから PC

野外教育コースはこちらから モバイル

こども保育コース

こども保育コースはこちらから PC

こども保育コースはこちらから モバイル

月別選択

ページのトップへ