NEWS & TOPICS

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

NEWS & TOPICS

2014/10/14就職活動・実績

2015年3月卒業生、公務員試験合格情報!

2015年3月卒業生の就職内定情報です!

環境教育・地域ビジネス学科(現、野外教育学科)3年
近藤 恭平 さん(東京都出身・社会人入学)

合格先: 妙高市職員・行政職一般事務

まだ配属先はわかりませんが、見事、公務員試験合格です。

第一希望のみ受験で、合格しました!

くまなぜこの企業を希望したの?

1年生の時にイノシシシンポジウムに参加。

そこで長岡技術科学大学・山本先生、株式会社三生の代表取締役、和田三生様の講演が面白く、そしてかっこよくて、その日中に新潟ワイルドライフリサーチ(以下、Wiron)の活動に参加しました。
Wironで鳥獣被害の現実に出会い、住民・行政・NPOと一体になって活動する重要さを感じるなか、すごくファシリテーションが上手い行政職員に出会い、そこから公務員を考えるように。

3年間i-nacで過ごし、自然豊かな妙高が気に入っていたので、妙高市だけを受験しました。

くま学校の授業で役立ったことは?
1年生の時から「どうしたら妙高がもっと良くなるのか?」ということを授業・実習でずっと考えてきたので、面接ではスラスラと答えることができたと思います。

地域活性や鳥獣被害対策には、ハード面もソフト面も重要ですが、何よりも情熱をもって取り組むことが一番大事なことを感じています。

くまi-nacに入ってよかったことは?
大学浪人中でしたが、アウトドア業界をもっとよく見てみたい、働いてみたい、またアウトドアの基礎知識・技術をしっかり身につけたいと思い入学を決めました。
i-nacに入らなかったらWironにも入らなかったですし、鳥獣被害対策や狩猟など、こんなにも興味がわくことには出会えなかったと思います。

またいろんな人に出会い、いろんな考えにふれ、自分自身の考える力が鍛えられました。

東京都出身ながら、i-nacをきっかけに妙高で生きる道を選んだ近藤君!

今後の活躍が楽しみです!

月別選択

ページのトップへ