• LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

NEWS & TOPICS

2011/10/25在校生紹介

在校生の声②

少しばかり、時間が空いてしまいましたが・・・。

またまた、在校生の声をそのままお届けしようと思います。

今回は・・・

学生の声を伝える前に、簡単なご紹介もさせて頂きます。

松尾 純 (まつお じゅん) さん
アウトドアスポーツ学科 マウンテンバイクコース 2年

札幌西陵(北海道)出身 現在 19歳

中学生の時、アテネオリンピックでのマウンテンバイク競技をテレビで見て、マウンテンバイクに興味を持つ。

モトクロスの経験はあったものの、高校は陸上部で8種競技を行なっていて、マウンテンバイクは未経験でi-nacに入学。

入学後、マウンテンバイクのクロスカントリー部門でスポーツクラスで大会出場をはじめ、1年次最終戦終了後、ポイントランキングで、エキスパートクラスに昇格。

今年9月18日、長野県富士見で開催された大会で、見事優勝!!クロスカントリー部門一番上のクラス「エリートクラス」に昇格。

Q)i-nacになぜ入学をしましたか?きっかけや決め手は何ですか?

A)

自分は、この学校に来る前からマウンテンバイクに興味があり、やってみたいという興味からいろいろ調べ、そしたらこの学校が見つかり、とても環境がよく、自分の目指しているものを目指せると思い、i-nacに入学しました。


Q)入学前と入学後のギャップを教えてください。

A)
入学前にi-nacは、生徒の数が少ないと言われて、実際来てみると本当に少なかったです。でも、その分学年の枠を越えて話ができるし、先生方とも話がしやすくてよいです。MTBコースは、とても良い環境で、練習に打ち込めています。MTBコースは他の学科との授業がほとんどなく、授業では関わりがないないのでそれは少しさびしかったです。


Q)好きな授業や実習、ためになっている・みになっている授業はなんですか?

A)

MTBコースの授業は大体が練習や遠征というMTB漬けですが、自分はMTBをやりたい一心でi-nacに来て、MTBをしているので、とても充実し楽しい毎日です。MTBのメンテナンスからテクニカル授業など、1週間にいろいろな授業があり、自分の知らない事が分かっていくので、全て実になっています。それと合宿や遠征があると、いろいろな所に行き、走れるのでとても練習になり、ワクワクします。他には他の学科と授業をするときは、普段しないので楽しいです。


Q)今後について、目指している仕事や生き方、やっていきたいことなどを教えてください。

A)

来年も大会に出ていくので、上位に入っていけるように練習をし、繋げるようにしたいです。MTBでプロになり世界に出て走りたいので、まずはこのi-nacでの後1年間を充実したものにし、この環境を大事にしたいです。


Q)妙高の生活はどうですか?

A)

学校の周りは田んぼしかなく、何かしたいと思ったら、妙高から30キロ近くある上越や、40キロ以上ある長野市の方まで行かなくてはならないので、それはとても不便です。食事は自分で自炊していますが、時々友達と集まって食べたりすることがあるので楽しいです。大半自分は、MTBに乗っているか、学校にいるかで、寮には食事と睡眠くらいしかしない気がします。この妙高での生活を充実させるのは自分自身なので、目標を持って、やりたい事があれば、楽しい生活になると思います。



9月18日富士見大会での様子です。

国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

ゴールの場面。両手を上げ、本当に喜んでいました。

国際自然環境アウトドア専門学校のブログ

支えてくれた仲間と表彰台の上で記念撮影。むかって一番右が、純さんの師匠になるマウンテンバイクコースの今田大三監督です。この手で、現在アジアNO.1の山本幸平選手をはじめとするライダーを輩出しています。

国際自然環境アウトドア専門学校のブログ


在校生の声①(環境教育・地域ビジネス学科3年生・社会人入学生)はこちらから

i-nacHP パソコンはこちらから

i-nacHP モバイルはこちらから

アウトドアスポーツ学科マウンテンバイクコースはこちらから PC

アウトドアスポーツ学科マウンテンバイクコースはこちらから モバイル

月別選択

ページのトップへ